アップルウォッチのおかげで消費カロリーが増えた話

LEAFのブログ

こんにちは!LEAFの西田です。

先日、アップルウォッチを購入しました。
トレーニング中の心拍数を知りたいのがいちばんの目的でした。

アップルウォッチには様々な機能があって、その機能の1つに運動量や消費カロリーを記録してくれる機能があります。

  1. ムーブ
  2. エクササイズ
  3. スタンド

の3つの基準で記録してくれて、自分がどのくらいカロリーを消費しているか?立っているか?などを着けているだけで勝手に記録してくれます。

筋トレなどの運動を行うときも、「ワークアウト」で運動の種類を選んで筋トレを行うと消費カロリーなどを計算してくれます。写真のような感じでリングで表示してくれて、どのくらい達成できているかが一目でわかりますし通知をしてくれます。

達成した時は褒めてくれますし、いつもより動いていないときには励ましてくれます。

この機能が付いていることは全然知らなかったんですが、個人的にはこの機能がめちゃくちゃ良いです!

掃除や家事がエクササイズになる

今までも筋トレや運動はやっていたのですが、日常生活で動こうという意識はほとんどありませんでした。

しかし、アップルウォッチを購入してからは、なるべく日常生活で動こうという意識がかなり強くなってきました。

例えば、掃除にしても家事にしても、今まではめんどくさくてあまりやりたくないことでしたが、アップウォッチを買ってからはそれらもエクササイズ感覚になります。

ソファに寝っ転がってゴロゴロするよりも、なるべく動こう!という意識が勝手に湧いてきます。

いや〜かなり良いですよね!

ちなみにアプリを入れれば睡眠の記録も取ってくれて、アップルウォッチを着けたまま寝れば、何時間くらい寝れているか?深く寝れている時間はどのくらいか?なども計測してくれます。

運動の記録や休養の記録を着けているだけで勝手に取ってくれるんですね。そしてそのデータを見るだけで、「もっと運動しよう!」「もう少し長めに寝よう!」「深い睡眠時間を増やすためにはどうしたら良いかな?」など勝手に意識するようになります。

やっぱり記録することは大事だな〜と思わされました。

記録すると勝手に改善したくなる

LEAFでは、ボディメイク系の目標の方には、食事の内容を記録してもらい、栄養バランスの計算をしていただきます。

これがなかなかめんどくさいのですが、かなり効果が高いです。

記録していないと、自分がどの程度カロリーや栄養素を摂取しているかわかりません。

記録することにより食事内容が数値化されますので、どの栄養素をどのように改善すれば良いかがわかります。

テクノロジーが進歩して、食事の記録も簡単になれば良いな〜と思います。

食べていないのに痩せない、食べていないのに太るという方は一度自分の食事内容を記録して栄養バランスを記録してみると良いと思いますよ!

 

PS. 消費カロリーを増やしたすぎて、家にエアロバイクを購入してしまいました。笑

ダイエットの基本は食事の管理ですが、休日に食べすぎた時は自転車を漕いで消費しています🚴‍♂️