ダイエット中でも甘いものが食べたい!ダイエット中にオススメの甘いもの代用品をご紹介

ダイエット中でも甘いものが食べたい!ダイエット中にオススメの甘いもの代用品をご紹介

こんにちは!パーソナルトレーナーの西田です。

サチコ

ダイエット中でも甘いものは食べてもいいの?

できればダイエット中でも甘いものが食べたいし、ダイエット中でもたべれる甘いものの代わりが知りたい!

今回はこういった疑問に答えていきたいと思います。

記事の内容
  • ダイエット中は甘いものを食べてもいいのか?
  • ダイエット中に甘いものを食べる際の注意点
  • ダイエット中に食べれる甘いものの代用品をご紹介
  • もし甘いものを食べすぎてしまったら?

この記事を書いている僕はパーソナルトレーナー歴が7年でして、今までたくさんの方のダイエットをサポートしてきました。自分自身も3回ほどダイエットに成功したことがあり最大-15kgのダイエットに成功しました。

今回はダイエット中でも甘いものを食べてもいいのか?ということや、ダイエット中に食べれる甘いものの代用品を紹介していきたいと思います。

ダイエット中でも甘いものが食べたい!ではどうすればいいのか?

ダイエット中でも甘いものは食べることができます!しかし、甘いものは糖質が多いのでダイエット中は基本的に少なくしないといけません。

なぜダイエット中は糖質を少なくしないといけないかというと、それはカロリー収支をマイナスにすることがダイエットの大原則だからです。

カロリー収支をマイナスにして、高タンパク質・低糖質・低脂質にすることがダイエットの食事の大原則になります。詳しくは正しいダイエット方法とは?ダイエットで理想的に痩せるためのいい方法にまとめています。

正しいダイエット方法とは?ダイエットで理想的に痩せるためのいい方法

2016.09.24

しかし糖質が少な過ぎてしまうと、食事制限がきつ過ぎたり筋肉量が落ちやすくなってしまいます。ですのでダイエット中は甘いものを食べてもいいけれどほどほどに少なくするというとこになります。

具体的にどのくらい糖質を少なくすればいいのかは、ダイエットのペースによって変わってきます。計算方法はダイエットのカロリー計算方法|摂取カロリーだけでなくだけでなく三大栄養素も計算する!にまとめていますので参考にされてください。

ダイエットのカロリー計算方法を徹底解説!摂取カロリーだけでなくだけでなく3大栄養素も計算しよう

2017.06.26

ダイエット中に甘いものを食べる際の注意点

ダイエット中に甘いものを食べる時にはいくつか注意点があります。この注意点を守ればダイエット中でもある程度甘いものを食べれるようになります。

ダイエット中に甘いものを食べる際の注意点
①自分が好きな糖質をなるべく食べるようにして、好きじゃない糖質は食べないようにする

ダイエット中に甘いものを食べる時は、自分の好きな糖質を優先的に食べるようにして、自分の好きじゃない糖質はなるべく食べないようにしましょう。

そうすることによって、食事制限のストレスを減らしつつ糖質も減らすことができます。

ダイエット中は基本的に糖質を少なくしないといけません。

糖質は甘い食べ物だけではなく、お米・麺類・パン・芋類・果物などにも多く含まれています。これらの食べ物を好きなだけ食べていたら、糖質を摂り過ぎてしまいダイエットすることが出来ません。

自分の好きじゃない糖質を食べないようにすることによって、自分の好きな甘いものをある程度食べながらダイエットを進めていくことが出来る様になります。

例えば僕の場合だと、甘いものではありませんが糖質の中で麺類が大好きです。ですので僕がダイエットする時は、お米やパンなどはほぼ食べません。糖質は麺類で摂るようにしています。

この方法で-15kgのダイエットに成功しました。なるべく好きな糖質を摂る事で食事制限のストレスが和らぎダイエットが続きやすくなります。

ダイエット中に甘いものを食べる際の注意点
②糖質と一緒に脂質を摂り過ぎないようにする

ダイエット中に甘いお菓子を食べる時は、糖質と一緒に脂質を摂り過ぎないように気をつけましょう。

お菓子を大きく分けると、和菓子と洋菓子に分けることが出来ます。和菓子は糖質が多く脂質が少ないものがほとんどですが、洋菓子には糖質と一緒に脂質が多いものがあります。

ダイエットの時には、高タンパク質・低糖質・低脂質にしないといけないので、甘いものを食べる時は糖質と一緒に脂質を摂り過ぎないように気をつけましょう。

例えば、大福とシュークリームの栄養成分を比べてみましょう。

大福1個90g

カロリー 232kcal
タンパク質 4.4g
脂質 0.7g
糖質 51g

チーズケーキ1個88g

カロリー 315kcal
タンパク質 5.4g
脂質 24.4g
糖質 17g

このように、和菓子と洋菓子では糖質や脂質の量が違いますので、食べる前には確認するようにしましょう。

お菓子のカロリーや栄養成分は、ほとんどの場合パッケージの裏面に記載してありますので確認してみましょう。わからない場合は、カロリースリスムというサイトで調べることが出来ますので、一度調べてみてくださいね。

それと最近では、コンビニやスーパーで低糖質のお菓子やスイーツを買うことが出来ます。ファミリーマートのライザップシリーズなんかはそうですね。

ここも注意が必要ですが、糖質オフのお菓子やスイーツは脂質が多く含まれていることが多いです。ですので、買う前は必ず栄養成分を確認してから買うようにしましょう。

ダイエット中で食べれる甘いものの代用品をご紹介

先ほどのダイエット中に甘いものを食べる時に注意点を守れば、ダイエット中でもある程度は甘いものが食べれるようになりますが、ここからはダイエット中でも食べれる甘いものの代用品を紹介していきたいと思います。

ダイエットの食事で大事なことは、①カロリーを抑えること②高タンパク質・低糖質・低脂質にすることです。

この2つの基準を満たした甘いものの代用品を紹介しますね。

ダイエット中で食べれる甘いものの代用品
①プロテイン



まず最初のダイエット中でも食べれる甘いものの代用品は、「プロテイン」です。おそらく意外だと思う方が多いと思います。

食べ物じゃなくて飲み物ですが、最近のプロテインは甘くて美味しいプロテインが多く、栄養価も高タンパク質・低糖質・低脂質になります。

プロテインにあまり良くないイメージがある方も多いかもしれないですが、プロテインを飲むだけで筋肉がつきすぎることはありませんし、薬のようなものでもありません。プロテインはただのタンパク質です。プロテインに興味のある方はダイエットの時にはプロテインを使おう!おすすめのプロテインもご紹介を読まれてみてください。

ダイエットの時にはプロテインを使おう!おすすめのプロテインもご紹介します

2018.07.04

うちのパーソナルトレーニングジムではトレーニング後にプロテインを無料で飲むことが出来ます。ほとんどのお客さんはうちのジムで初めてプロテインを飲まれる方ですが、98%くらいの方は、「美味しいですね!」と言われます。

プロテインのメーカーや種類によって栄養価や味が違いますし、味覚には個人差があります。

その中でもおすすめなのが、マイプロテインというメーカーのインパクトホエイプロテインという種類のプロテインです。このプロテインは栄養価もよく、値段も安いです。味の種類も豊富なのですが、美味しい味の種類が多いプロテインになります。

icon-hand-o-right マイプロテイン のサイトはこちら



ダイエット中で食べれる甘いものの代用品
②SUNAOのアイス

(画像引用:http://cp.glico.jp/sunao/)

次のダイエット中でもたべれる甘いものの代用品は、「SUNAOのアイス」です。コンビニだとローソンに売ってありまして、イオン系のスーパーにもあることが多いです。

このSUNAOのアイスは、全種類80kcal均一で作られていて、普通のアイスと比べてカロリーが低いです。食べ過ぎなければダイエット中でも十分食べることができます。

個人的には、カップタイプのラムレーズンとチョコレート以外だったら全部美味しいです。この2つは苦手でした。

詳しくはダイエット中でも食べれるアイスクリームを紹介します!ローソンで買えるSUNAOのアイスで書いています。

ダイエット中のおやつ・間食におすすめのアイスクリーム!ローソンで買えるSUNAOのアイス

2018.10.19

ダイエット中で食べれる甘いものの代用品
③ローソンのブランパン

ダイエットでも食べれるおすすめのおやつ20選!コンビニでも買えるおやつもご紹介します

(画像引用:http://www.lawson.co.jp/recommend/original/detail/1303492_1996.html)

次のダイエット中でもたべれる甘いものの代用品は、「ローソンのブランパン」です。

ブランパンとは小麦粉ではなく小麦の外皮を使って作られているパンになります。身近なところだとローソンで売ってあります。

種類がいろいろありまして中には糖質や脂質が多いものもありますが、基本的には普通のパンに比べると高タンパク質・低糖質・低脂質になります。

けっこうな頻度でラインナップや種類が変わりますので、ぜひローソンのパンコーナーに行って栄養成分を確認してみてください。ダイエット中はパンは食べれないの?ダイエット中でも食べれるブランパンを紹介します!でも詳しく紹介しています。

ダイエット中はパンは食べれないの?ダイエット中でも食べれるブランパンを6つ紹介します!

2018.11.02

ダイエット中で食べれる甘いものの代用品
④プロテインバー

ダイエット中でも食べれるプロテインバー4選!コンビニで手軽に買えますよ

次のダイエット中でもたべれる甘いものの代用品は、「プロテインバー」です。プロテインバーとはタンパク質が多く摂れるバーになります。

最近では国内メーカーのプロテインバーの種類も増えてきており、以前のプロテインバーよりも高タンパク質・低糖質・低脂質のものが多いです。コンビニでも手軽に買うことが出来ます。

海外メーカーのプロテインバーもオススメのものがあり、今ではアマゾンなどの通販でも手軽に買うことができるようになっています。便利な時代ですね。

ダイエット中でも食べれるプロテインバー4選!コンビニで手軽に買えますよで国内メーカーと海外メーカーに分けて紹介していますので、選ぶ際は参考にしてみてくださいね。

ダイエット中のおやつ・間食におすすめのプロテインバー9選!コンビニで買えるものも紹介します

2018.11.04

ダイエット中で食べれる甘いものの代用品
⑤ゼロキロカロリージュース

次のダイエット中でもたべれる甘いものの代用品は、「ゼロキロカロリージュース」です。代表的なものは「コカコーラゼロ」ですね。

コーラ以外にも色々な種類の飲み物のゼロキロカロリージュースが販売されています。コンビニで売っていないものも多いので、気になるものがあったらアマゾンなどの通販での購入がオススメです。

ゼロキロカロリーのジュースには人工甘味料が入っていますので、カロリーがないからといって極端に飲みすぎることはオススメしません。こちらも詳しくまとめた記事がありますのでダイエット中でもジュースが飲める!?ゼロカロリードリンク4選!参考にしてみてくださいね。

ダイエット中でもジュースが飲める!?ゼロカロリードリンク4選!

2018.10.23

ダイエット中で食べれる甘いものの代用品
⑥ゼロキロカロリーゼリー

次のダイエット中でもたべれる甘いものの代用品は、「ゼロキロカロリーゼリー」です。これはどこのコンビニでも大体売ってあります。

僕が個人的に好きなゼロキロカロリーゼリーは、ナタデココ入りのゼリーです。美味しいです!食後のデザートとして食べれば別腹も満たせますしカロリーもほとんどないのでオススメです。

ダイエット中で食べれる甘いものの代用品
⑦ギリシャヨーグルト

次のダイエット中でもたべれる甘いものの代用品は、「ギリシャヨーグルト」です。

ギリシャヨーグルトといっても種類がいろいろありますが、ギリシャヨーグルトは普通のヨーグルトと比べてタンパク質が多く脂質が低いです。糖質は少し入っています。

おすすめな商品は、「oikos」と「THE GREEK YOGURT」です。コンビニに売っていることもありますが、どちらの種類も基本的には脂質が0gです。

ヨーグルト好きの方は一度試してみることをオススメします。

ダイエット中で食べれる甘いものの代用品
⑧いちご

次のダイエット中でもたべれる甘いものの代用品は、「いちご」です。果物は基本的に糖質が多いものがほとんどですが、いちごは低糖質です。

栄養成分はこんな感じです。

カロリー 21kcal
タンパク質 0.55g
脂質 0.06g
糖質 5.19g

[/box]

いちご1個あたり約5kcalくらいですので計算も簡単ですね。

ダイエット中で食べれる甘いものの代用品
⑨カロリーゼロ飴

最後のダイエット中でもたべれる甘いものの代用品は、「カロリーゼロ飴」です。SARAYAというメーカーさんから発売されている、カロリーがゼロの飴です。

SARAYAからは「ラカント」というカロリーゼロの甘味料が販売されています。それを使って作られているのが「カロリーゼロ飴」です。カロリーゼロですので、ダイエット中でも食べれます。

僕もブログを書くときにはカロリーゼロ飴を食べらがら書いたります。ドラッグストアや通販で購入することができますよ。

もしダイエット中に甘いものを食べ過ぎてしまったら?

ダイエット中に甘いものを食べ過ぎてしまうこともあると思います。ダイエット中に甘いものを食べ過ぎてしまった時は、食べ過ぎた分有酸素運動で消費すればオッケーです。

予定より食べ過ぎた分消費カロリーを増やすことができれば、食べ過ぎた分をチャラにすることができます。

例えばチーズケーキ1個分食べ過ぎてしまったとします。その場合は30~60分ほどウォーキングやジョギングをすれば食べ過ぎた分をチャラにすることができます。チーズケーキ1個分で約300kcal程度ですのでその分消費できればオッケーです。

甘いものを食べ過ぎて、次の日体重が1~2kgくらい増えていた経験がある方もいらっしゃると思いますが、その体重は全て脂肪で増えているわけではありません。

糖質は1g摂ると3gの水分を体内に保持するという作用がありますので、甘いものを食べすぎると一時的に体重が増えることがあります。ですので脂肪で増えているわけではありませんので安心してください。

体脂肪を1kg増やすためには、おにぎりを42個分食べないといけません。こんなに食べれないですよね。笑

ですので、甘いものを少し食べ過ぎて体重が一時的に増えたことはほとんど気にしなくてもいいです。脂肪ではなく、水分量が増えているだけですので。

食べ過ぎてしまったことや体重が増えてしまったことに落ち込んでしまい、ダイエットをやめてしまうことが一番もったいないです。

ダイエット中でも甘いものが食べたい!ダイエット中にオススメな甘いものの代用品もご紹介のまとめ

ダイエット中でも甘いものを食べることはできますが、ダイエット時には糖質を少なくしないといけないので食べ過ぎには注意しましょう。

自分が好きではない糖質を少なくして、好きな糖質を摂るようにすると食事制限のストレスを抑えることが出来ます。

甘いものの代用品を9つ紹介したので、それらをうまく使いながらストレスを溜め過ぎないようにしてダイエットを継続していきたいですね。

継続は力なり。頑張っていきましょう!

ダイエット中でも甘いものが食べたい!ダイエット中にオススメの甘いもの代用品をご紹介

無料プレゼント
より自分らしいカラダになるためのオンライン講座

音声と動画の合計が5時間を超えるオンライン講座をプレゼントしています! 欲しい方はこちらをクリック!

ABOUTこの記事をかいた人

西田 善晴

体を動かすことや筋トレが好きです。スポーツをしていたが度重なる怪我や元々ガリガリ体型だったこともありトレーニングに興味を持つ。2012年にパーソナルトレーニングジムLEAFを設立して7年間、多くの方のダイエットやバルクアップなどボディメイクのサポートを行う。ダイエット・筋トレ・食事について情報発信していきます。