お酒について

お酒について
お酒について
LEAFのブログ

こんにちは。パーソナルトレーニングジム&プライベートジムLEAFトレーナーの西田です。今日は、お酒について話していきたいと思います。主にダイエットする時に、

  • お酒って、飲んでも大丈夫なの?
  • どのくらいなら飲んでいいの?
  • どんなお酒だったら、太りにくいの?

などなど、疑問があると思います。ということで、今日はお酒について、話していきたいと思います。

まずはお酒には「アルコール」が含まれています。種類によって、アルコール濃度は全然違いますよね。まずは、この「アルコール」自体にカロリーがあります。アルコール1gあたり・・・7kcalあります。

しかしこのカロリーには、2つの説があります。それは、

アルコールに含まれるカロリーは「エンプティカロリー」と言われています。アルコールのカロリーは、脂肪などに蓄積しないエンプティカロリーだから、アルコールのカロリーでは太らない!という説。

アルコールに含まれるカロリーは「エンプティカロリー」だが、そのカロリーを代謝している間に摂取したカロリーは、脂肪として蓄積される。だから、太る。という説。

この2つの説があります。ややこしいと思いますが、ここで言えることは、

アルコールに含まれるカロリーは、「エンプティカロリー」と言われていて、脂肪として蓄積されにくいが、そのほかで摂取したカロリーが脂肪として蓄積されやすくなる。そしてアルコールだけ摂取しても肝臓での脂肪の合成は促進されるので、「脂肪肝」になりやすくなる。しかもアルコールを摂取すると、食欲が増進されやすくなり、それによって、摂取カロリーが高くなってしまう。ということは、

ダイエット中は、アルコールの摂取はほどほどにしましょう!

ということになります。その方法は、

  • お酒の量自体を少なくする
  • アルコール濃度の強いお酒は、水、お湯、ソーダ水などで割る

などの工夫が必要になります。最後は当たり前の結論になりましたが、アルコールの摂取量はほどほどにした方が、ダイエットにはいいです。

お酒の種類について

次に大事なポイントは、「醸造酒」か「蒸留酒」というところになります。

  • 醸造酒は、アルコールのカロリー+糖質のカロリーが含まれます。
  • 蒸留酒は、アルコールのカロリーのみになります。

ということは、ダイエット中は、「醸造酒」は控えて、「蒸留酒」にした方が太りにくいし、痩せやすい!ということになります。

醸造酒

  • ビール
  • 日本酒
  • ワイン

蒸留酒

  • 焼酎
  • ウイスキー
  • ブランデー
  • ウォッカ

こんな感じです。ですので、ダイエット中のお酒については、

  1. まずは、アルコールをとりすぎないように、ほどほどにする
  2. 醸造酒より、蒸留酒を飲むようにする。しかし、ストレートではなく、水、お湯、ソーダ水などで割るようにして、量もほどほどにする。

ということになります。

今からの季節は暑くなりますので、お酒が美味しくなってきます。ダイエット中の方は、気をつけましょう!