効果が出なかった理由

こんにちは。パーソナルトレーニングジム&プライベートジムLEAFの西田です。今日は、私がトレーニングを始めた当初の話をシェア出来たらと思います。

私はこの考え方に気づけたおかげで、なかなか効果が出なかったのが、効果が出るようになりました。

私はトレーニングを始めた当初、筋肉量を増やしたい!体重を増やしたい!という思いでトレーニングをしていました。

けっこう真剣に競技(バスケット)に取り組んでいたのですが、レベルが上がるにつれてどうしてもパワーで負けてしまい、どうにかしたいなと思っていました。

スポーツの専門学校に通っていたので、ある程度の知識はありました。専門学校に通いながらスポーツクラブでアルバイトもしていたので、アルバイト先のスポーツクラブで勤務後にトレーニングをしていました

しかし、トレーニングを続けていてもなかなか成果が出ません。

知識はあると思っていたので、色々と試行錯誤しながらトレーニングを継続していました。その時の私は自分に知識があると思っていましたし、トレーニングの勉強もしていたので、いかに効率的に効果を出すことが出来るかを考えてトレーニングしていました。

しかしこの「効率的に効果を出す」という考え方が、成果が出ない大きな理由だったのです。

「効率的」と「楽をして」は紙一重

「効率的に効果を出したい」と聞くと、なんだか良さそうに聞こえるのですが、この考え方は一歩間違えると「楽して効果を出したい」ということになってしまいます。私の場合はそうでした。汗

「楽して効果を出したい」と思っていると、出来るだけ最低限の努力で効果を出そうとします。

すこし考えればわかるのですが、最低限の努力しかしなければ、成果が出る確率は少なくなります。なぜなら、最低限しか努力しないからです。

それに筋肉量を増やしたい場合は、筋肉を追い込まなければなりません。つまり出来るだけ、きついことをしないといけないのです。

最大限筋肉を追い込まないといけないのに、最低限しか追い込まなければ、成果が出るわけがありません。

それに筋トレで一番効果高いのは、ラストの1〜2回です。もう上がらない、、、と思った後の1〜2回が一番効果が出ます。

この基本的なことがわかるまで時間がかかりましたが、この考え方がわかると効果が出始めました。

考え方が、「どうやったら楽できるか?」から、「どうやったらきつくできるか?」に変わったからです。この考え方が変わった事は、トレーニングを始めたばかりの私にとって、とても大きかったです。

この考え方は、食事でも共通すると思います。食べて痩せたいと思うと、効果は出にくい場合が多いです。

しかし間違った努力をいくらやっても効果は出ませんし、逆効果になる場合もありますので、正しい事をすることも重要です。

もちろん成果が出た要因はきついトレーニングだけではなく、栄養や休養も大事ですし、食事も食べるものを選べば、ある程度食べながら痩せることが出来ます。

しかし世の中には、「楽して痩せる!」とか「簡単!即効で!」などの言葉がありふれていて、洗脳されてしまいがちになります。

わたしはこの考え方に気づけたおかげで、体作りの成果が出て、バスケットボールのパフォーマンスも向上しました。

そして専門学校のバスケットの大会では九州大会優勝、個人では福岡県大会MVPの成果を出すことが出来ました。

みなさんも、甘い言葉に洗脳されないように気をつけましょう。

 

【人数限定】会員限定サイトを無料でプレゼントしています

LEAFでパーソナルトレーニングを受けていただいている方だけが見る事ができる、LEAFの会員限定サイト「LEAF +」を人数限定で無料公開しています。

会員限定サイトが見たい方は、名前とメールアドレスを入力の上登録されてください。

熊本でパーソナルトレーニングをお考えの方へ

パーソナルトレーニングジムLEAFは、成果にこだわるジムです。きついことをしてでも成果を出したい!という方にはオススメです。マンツーマンのトレーニング指導や、食事のアドバイス・管理を行います。無料面談・体験を実施中です。