脂肪は悪者か?

脂肪は悪者か?
脂肪は悪者か?
LEAFのブログ

こんにちは。パーソナルトレーニングジム&プライベートジムLEAFの西田です。今日は脂質について書きたいと思います。

脂質は3大栄養素の1つで、1gあたり9kcalあります。糖質・たんぱく質は1gあたり4kcalなので、脂質は2倍以上のカロリーですね。よく言えば強力で効率の良いエネルギー源。悪く言えば高カロリーなので摂りすぎると太ってしまいます。

そして脂質といっても色々ありまして、良い脂肪と悪い脂肪があります。

しかし、良い脂肪でも悪い脂肪でもカロリーは変わらないので、摂りすぎると減量できません。ダイエット目的の方h気をつけましょう。

脂質は大きく分けて、三つあります。(わかりやすいように私が勝手に分けました)

①トランス脂肪酸

マーガリンやショートニングに多く含まれています。ショートニングはクッキーなどのお菓子類やファーストフードのフライドポテトや揚げ物に多く含まれています。

トランス脂肪酸は、体に良くありませんので、出来るだけ摂取しないようにしましょう。

②飽和脂肪酸

動物性の脂肪やバター、ラード、ヤシ油、パーム油、ココナッツ油などに含まれています。
この飽和脂肪酸は、全く摂ってはダメということではありませんが、控えめにしましょう。

③不飽和脂肪酸

これがちょっとややこしいのですが、基本的にからだに良い脂肪です。

例外がありまして、必須脂肪酸と呼ばれるものがありまして、体内で作ることの出来ないので食事から摂らないといけない脂肪酸があります。しかしこの必須脂肪酸のうちのリノール酸とアラキドン酸というものは、摂らないといけないんだけど、摂りすぎると良くないのです。

なんだかめんどくさいですね。汗

リノール酸は紅花油、コーン油、大豆油、ひまわり油、ごま油などです。

アラキドン酸はレバー、卵白、サザエ、伊勢エビなどです。

上記の油は、摂らなければいけないんですけど、摂りすぎないように気をつけましょう。

ここから重要です。体に良い油は、オメガ9とオメガ3と呼ばれています。この油は、積極的に摂りたいです。

オリーブオイル、キャノーラ油(菜種油)、ピーナッツ油、ナッツ類の油がオメガ9。

魚の脂、亜麻仁油、しそ油、エゴマ油などはオメガ3です。

このオメガ9とオメガ3は体に良いのですが、中でもオメガ3は積極的に摂りましょう。私は積極的に魚を食べるようにしたり、プロテインに亜麻仁油を混ぜて飲んでいます。

ナッツ類も少量であれば、間食にもってこいです。もしかしたら、もこみち君も体に良いからオリーブオイルを使いまくるのかもしれませんね。

しかし脂質は気をつけないと、基本的に摂りすぎてしまう栄養素です。しかし全ての脂質が悪い訳ではありませんし、脂質にも大事な役割がありますので、良い脂質は取るようにして、悪い脂質は控えるようにしていきましょう。