【無料プレゼント中】コストコ・業務スーパーで買えるダイエット食材26選

ダイエットの時のトレーニングメニュー

こんにちは。パーソナルトレーニングジム&プライベートジムLEAFトレーナーの西田です。

今日はダイエットする時はどんな筋トレをすれば効果的なのか?ということについて書いていきたいと思います。

まずダイエットする時の筋トレの目的について説明していきます。ダイエットの時に筋トレをする目的は筋肉量をなるべく減らさないようにするためです。

一般的に多くの方が間違った思い込みを持っていらっしゃいます。それは、「筋トレをすれば、痩せる!」という思い込みです。

説明すると長くなるので省略しますが、筋トレをいくら行っても痩せません。そしてダイエット中に筋トレをしても、ほぼ筋肉が増えることはありません。

ダイエット中は脂肪も減りますが、筋トレをしなければ、筋肉が減ってしまうのです。

筋肉が減ると良くないことがたくさんあります。基礎代謝って聞いたことがある方は多いと思います。代謝が高い方が、太りにくいですし、痩せやすいです。

しかし筋肉が減ってしまうと、この基礎代謝というものが落ちます。そうすることによって、痩せにくく太りやすい体になってしまうのです。

嫌ですよね。

ということで、ダイエットする時には筋肉をなるべく減らさずに、脂肪だけで落とすことがとても重要になります。主に脂肪でダイエット出来れば、体型・スタイルが大きく変わります。体脂肪率が下がるので、体が引き締まります。

ということで、ダイエット中はどのような筋トレをやれば良いか?を説明していきます。

目次

ダイエット中には大筋群のコンパウンド種目の筋トレを行おう

ダイエット中は大筋群の筋トレを行いましょう!大筋群とは、体の中の大部分を占める大きな筋肉の事を言います。

例えば、胸の筋肉、背中の筋肉、足の筋肉などです。

そして、コンパウンドの種目を行うようにします。コンパウンド種目とは、複数の関節を稼働させるトレーニング種目の事を言います。

ちょっとわかりにくいとは思いますが、コンパウンド種目を行うと、一つのトレーニングで2つや3つの筋肉が一度にトレーニングすることができます。

ですので、大筋群のコンパウンド種目のトレーニングを胸、背中、足とやるだけで大体全身の筋肉を使うことが出来るのです。

全身の筋肉のトレーニングを行うことにより、筋肉量が減りにくくなります。そして食事をしっかりとやれば、脂肪がメインで落ちていきます。

そうすれば、体がどんどん惹きしまる!ということになります。筋肉量を維持することが出来れば、代謝も落ちにくくなり、リバウンドもしにくくなる!ということになります。

ということで、ダイエット中は大筋群のコンパウンド種目を行うようにしましょう!

コストコ・業務スーパーで買える!
ダイエットに良い食べ物
26選

この電子書籍見れば、食べながら痩せれる!

ダイエットに成功して欲しいとの思いから、
無料でどうぞ!

ダイエットの時のトレーニングメニュー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

熊本のパーソナルトレーニングジムLEAFの西田善晴です!

バスケをしていたのですが、怪我が多くガリガリ体型だったこともありトレーニングに興味を持つ→2012年にパーソナルトレーニングジムLEAFを設立→10年間ダイエット・バルクアップなどのサポートを行ってきました。

カラダづくりに関して情報発信していきます!

目次
閉じる