標準体重はどこですか?というよくある質問

Pocket

こんにちは!パーソナルトレーナーの西田です。

パーソナルトレーニングの体験の時に、お客さんから時々される質問があります。それは、「標準はどこですか?」という質問です。確かに標準がどこか気になりますよね!

その時に、もちろん標準体重はお伝えしますが、こういう質問もします。「理想の体重や体脂肪率というのは、人それぞれ違うので、あなたの理想の体はどのような体ですか?」

という質問ですね。

確かに、標準体重の範囲や、標準の体脂肪率の範囲というのはあります。しかし、人それぞれ理想の体というのは違います。

標準に縛られなくていい!

標準体重はどこですか?というよくある質問

たくさんのお客さんの話を聞いていると、理想の体や体づくりの目的というのは、ひとそれぞれ違うな〜と思います。

女性であれば、健康的に引き締まっていればいい!という方もいれば、モデルさんみたいに細くなりたい!という方もいます。

男性であれば、お腹が引っ込めばいい!という方もいれば、細マッチョになりたい!という方もいます。

当たり前ですが、理想の体というのは人それぞれなんですね。何が正しくて、何が間違っているとかはありません。好みの問題です。「標準」や「普通」という言葉に縛られる必要はありません。

ですので、健康を害しなければ、自分の好みの自分の理想の体を目標にしましょう!そうすることによって、目標を達成した時に満足することができますし、体づくりのモチベーションも続きやすいです。

人それぞれ、目的も違う

それと、ダイエットやバルクアップといった目標は皆さん共通していますが、目的は人それぞれ違います。「何のために体づくりをするのか?」ということですね。

単純に太ったから痩せたい!という方もいれば、着たい服が着れるようになりたい!という方もいます。他にも、自分に自信が持てるようになりたい!という方もいれば、かっこいい親になりたい!という方もいます。

人それぞれ、何のために体づくりに取り組むのか?という目的は違います。

なので、体づくりの目標を決めるときには、自分の理想の体はどんな体なのか?ということや、体づくりの目的は何なのか?ということを明確にして、目標の数値を決めていきましょう。

周りから見た標準にとらわれることはないですし、体づくりの目的も人それぞれ違います。健康を害しなければ、目標は人それぞれです。

これらのことを注意して目標を設定しないと、モチベーションが続かないんですね。

目標を決めたとしても、自分が心から目指している目標じゃないと、けっきょく行動が続かないです。

自分で目標設定をやる場合は、時間をとって紙に書き出してみるといいです。自分の理想の体や、何のために体づくりをやっているか?などですね。この辺りは自分と向き合う作業なので、長めの時間を取ることをおすすめします。

自分の価値観に沿った目標を設定する

標準体重はどこですか?というよくある質問

目標設定の方法についてはこちらの記事で解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

ダイエットの目標設定法|ダイエットで成功したいなら2種類の目標を設定しよう

この記事の中で、目標を設定する際のチェックポイントが7つありますが、その1番目が「自分の価値観に沿った目標か?」という項目です。

価値観というのは人それぞれ違います。先ほども言ったように、理想の体というのは人それぞれですよね!

自分が何に価値を感じるのか?という価値観に沿って、目標を決めていきましょう!標準とか普通というのも気になると思いますが、本当に標準体型を目標とする場合は、自分が標準体型に価値を感じていないと続かなくなります。

標準体重が魅力的!という方は、あまりいないんじゃないでしょうか?

自分の理想を考えるときは、「嫌われる勇気」が大事

標準体重はどこですか?というよくある質問

自分の理想を考えたり、自分の理想を目指す時は、嫌われる勇気が大事です。

筋トレあるあるなのですが、筋トレやダイエット、体づくりを頑張っていると、周りの人から「何目指してんの?」とか「なんでそんなことやってるの?」と言われるようになります。

まぁ普通に質問される分には全然いいのですが、嫌味っぽく言っている人も中にはいます。多分あなたの周りにも一人はいると思います。

けど、何をやったとしても、周りの全員から賛同されることはありません。必ず批判してくる人はいます。

なんか、ロバと親子の話でありましたよね。何をやったとしても誰かからは必ず批判されるということです。

あなたが目指しているものが世間の常識と近ければ、あまり否定されることも少ないと思いますが、世間の常識と違ければ違うほど、批判も多くなると思います。

まぁそれでも周りに合わせてしまうと、本当に自分が望んでいるものが目標ではないので、続かなくなリます。

何をやっても誰かからは必ず嫌われるようにできています。自分の理想を考えたり、自分の理想を目指すときは、「嫌われる勇気」を持って決めるのがいいと思います。

ということで、標準や普通という言葉に縛られないで、自分なりの目標を設定していきましょう!そして目標を達成していきましょう!

Pocket