筋トレをすれば、筋肉がつく?

筋トレをすれば、筋肉がつく?
筋トレをすれば、筋肉がつく?
LEAFのブログ

こんにちは。パーソナルトレーニングジム&プライベートジムLEAFの西田です。

あなたは、筋トレさえすれば、筋肉がつくと思っていらっしゃいませんか?私はスポーツの専門学校に行って様々な勉強をしましたが、卒業してしばらくするまで、そう思っていました。

しかし実際は、違います。

もちろん筋肉を増やすには、筋トレは必要不可欠です。しかし、いくら筋トレばかりしても、筋肉が増えるわけではありません。

大事な事は、3つの要素がバランスよく回っている事です。

その重要な3つの要素とは?

重要な3つの要素は、なんでしょうか?

それは、

  • 運動(トレーニング)
  • 栄養(食事)
  • 休養(睡眠)

この3つです。この3つがうまく回ってこそ、筋肉がつきます。

筋トレは、1の「運動」に入ります。一般的には、8〜12回くらいで限界に来る重さで、3〜5セットほど行うと、筋肉がつきやすいといわれています。

ちなみに、筋肉がつく事を専門用語で「筋肥大」といわれていたりします。

しかし、いくら筋トレがバッチリ出来ていたとしても、2の栄養と、3の休養がとれていないと、筋肥大はおきません。

じゃあ、栄養はどのようにしたらよいのでしょうか?まず、大前提となる要素があります。それは、

摂取カロリーを、消費カロリーよりも増やす

大前提として、食事で摂取するカロリーを、消費するカロリーよりも増やしましょう。これが出来ていないと、いくら良いトレーニングが出来ていたとしても筋肉はつきにくいです!

せっかくきついトレーニングをしても、あまり意味がなくなってしまうのです、、、、

摂取カロリーを消費カロリーよりも増やすと、エネルギーが余ります。エネルギーが余っていて、しっかりトレーニングが出来ていると、余ったエネルギーを筋肉の修復に当ててくれます。

その結果、筋肉がつくのです。

しかし、この時に注意する事があります。それは、

筋肉ものみではなく、脂肪も一緒につく

余ったエネルギーは、筋肉の修復のみに使われるわけではありません。余った一部のエネルギーは、筋肉の修復に使われますが、残りのエネルギーは脂肪として体に溜め込まれます。

ですので、筋肉をつける時は一緒に脂肪もつける覚悟で行わなければならないのです。筋肉のみで、増えてくれればいいんですけどね。なかなか、難しいものです。

例外として、いくつかの条件が重なると筋肉だけ増やすことができたり、筋肉を増やしながら脂肪を減らすことができます。けど基本的には難しいと思っておきましょう。

このような感じで、3つの分野をバランスよく行う事が重要になります。あまりうまく成果が出ない時には、この3つの分野のどこがうまくいっていないか、検証してみてはいかがでしょうか?

PS、長くなったので書けませんでしたが、睡眠もすごく重要です。